インプラントで失った歯がよみがえる!【デンなび】
歯磨きする女性

歯の健康・歯周病予防に効果的な栄養素とは?

歯を失う原因で最も多いのは歯周病です。近年とても増えている歯の病気であり、40歳代では8割の人が歯周病にかかっているとされています。
歯周病で歯を失い、インプラント治療を行う人も増えているとか。
この歯周病、肥満と深い関係があるようです。歯を大切にするためには、肥満体策も必要なのでしょうか。

20歳を過ぎたら 歯周病予防を心がけましょう

20歳を過ぎると歯周病にかかる人が増えてくるとされています。特に20歳以降は、歯周病予防が必要であると言えるでしょう。歯を失う原因で最も多い歯周病、80歳まで自分の歯を維持するためには、予防が欠かせない病気と言えるでしょう。

歯は食べるだけでなく、容姿の美しさや表情、発音にも大きく関係しているので、大切にしていきたいですよね。

歯周病と肥満の関係

普通体重の人に比べて、肥満の人は歯周病にかかる確率が1.5倍になるというデータがあります。歯周病は糖尿病などの疾患や喫煙、加齢などと深く関係していると考えられてきましたが、肥満も危険要因の一つと考えられているのです。

肥満細胞は、骨吸収を促進する働きを持つTNF-αという物質を分泌します。この物質が、歯周病で起こる歯を支える骨の吸収を促進してしまうと考えられているのです。
歯周病を予防するためには、日常的な歯のケアと定期的な健診、危険因子となる喫煙習慣の改善、そして肥満改善が必要なのです。

歯周病予防のためのダイエットとは?

無理なダイエットは、健康にも美容にも良くありません。もちろん歯周病予防にも逆効果です。歯を支える骨の強化や歯ぐきの健康維持に必要な栄養素が足りなくなると、歯周病を招いてしまうかもしれません。
食べないだけのダイエットではなく、体や歯の健康を維持しながらダイエットする必要があるでしょう。

歯周病に効果的な栄養素とは?

歯周病は、歯周病菌によって歯を支えている骨が溶け、歯がぐらついたり、最悪は抜け落ちてしまう病気ですが、歯を支える骨を丈夫にする必要があるため、カルシウムがとても重要です。

また、ビタミンCは、歯ぐきの健康維持にとても効果的な栄養素であり、歯ぐきからの出血を防ぐ効果があります。

ビタミンDは、カルシウムの吸収を高める働きをします。カルシウムをどんなに摂取しても、ビタミンDの摂取量が不足していては十分に吸収されず、歯や骨にカルシウムが届かないのです。

歯周病予防に効果的な カルシウムを摂取できるダイエット

食前にコップ1杯の牛乳を飲むだけの簡単なダイエットです。よく噛んで飲むとさらに効果的です。

牛乳には空腹感を緩和させる働きがあり、食べ過ぎを防ぐことができます。牛乳を噛んで飲めば、満腹中枢が刺激され、さらに効果が高まります。
また、牛乳にはたんぱく質が豊富に含まれているので、筋肉の低下を防いで基礎代謝の低下を防ぎます。食べないだけのダイエットでは、筋肉が減少して、基礎代謝が低下し、リバウンドの原因となってしまいますが、牛乳でたんぱく質を摂取することでリバウンドしにくいダイエットが可能になるのです。

(ダイエットSlismを参考にしています)

低脂肪牛乳ダイエットの注意点

低脂肪牛乳ダイエットは、食事制限がなく負担になりにくいダイエット法ですが、食事の栄養バランスや摂取カロリーに気をつける必要があります。
歯ぐきの健康を維持するビタミンCやカルシウムの吸収を高めるビタミンDを食事の中で摂取するように心がけましょう。

ビタミンCを多く含む食品には、レモン・いちご・キウイ・アセロラなどの果物、ピーマン・ゴーヤ・モロヘイヤ・ブロッコリーなどの野菜があり、ビタミンDを多く含む食品には、すじこ・いくら・数の子などの魚卵、いわし・しらす干し・鮭・さんまなどの魚類があります。

口の中の健康も 体の健康も食生活が大切

いくら歯磨きをしていても、歯や歯を支える骨の栄養が不足しては、口の中の健康を維持することができません。体の健康も同様に、さまざまな栄養素が必要となり、不足すると病気や障害を引き起こします。
栄養バランスの取れた食事を心がける必要があるでしょう。

また、肥満は歯周病だけでなく、体のさまざまな疾患を招くため、普段から予防を心がけましょう。
食生活の改善だけでなく、適度な運動を取り入れ、生活習慣を改善することも大切でしょう。

今回協力いただいた ダイエットSlismさんは、約200種類ものダイエット法を紹介し、栄養や運動、低カロリーレシピ、マッサージなどのダイエットに役立つ知識が身につくサイトです。
ぜひ、見に行ってみてください。

ダイエットSlismの紹介

ダイエットダイエットによる無理な食事制限は、健康や美容に悪影響を与えます。不健康なダイエットでは、決して美しくはなれないのです。ダイエットSlismは、ダイエット法だけでなく栄養やマッサージなどのプラスαの知識が身につくサイトです。正しいダイエットを行って、健康的でキレイにやせたいですね。

ダイエット関連記事の紹介

ダイエットツール ダイエットslism
http://slism.jp/diet-tool/

身長や体重、性別などを入力するだけで、BMIや基礎代謝量、標準体重、活動による消費カロリーなどを簡単にチェックすることができます。基礎代謝に対して摂取カロリーが少なすぎると、やせにくくなってしまうことも。ダイエットを始める前に、ぜひチェックを!

ゴーヤダイエット ダイエットslism
http://slism.jp/method/meal-goya.html

食事制限やカロリー制限がなく、食事にゴーヤをプラスしたり、サプリやお茶でゴーヤの成分を摂取する負担の少ないダイエット法。ゴーヤには、脂肪の蓄積を防ぐ共益リノール酸や美肌効果の高いビタミンCが豊富に含まれています。

ウォーキング ダイエットslism
http://slism.jp/method/sports-walking.html

ウォーキングは運動が苦手な人でも、運動不足の人でも、無理なく取り入れられる負担の少ない運動です。しかし、ダラダラ歩いたのでは効果的とは言えません。姿勢や歩く速度など、ダイエット効果だけでなく健康効果も高めるポイントをご紹介。

  • <インプラントを正しく理解しよう>治療・メリットやデメリット・寿命や保証期間
  • <インプラントの治療>手術(1回法と2回法)・メンテナンス・失敗・Q&A
  • <インプラントの費用>医療費控除・歯科選びなど
  • <インプラントコラム>審美歯科・歯のアンチエイジング・歯周病など