インプラントで失った歯がよみがえる!【デンなび】

【こうして歯は欠けていく…】失ってもインプラントで再生可能!

インプラントは、保険が適応外で高額と思うかもしれませんが、機能性においては部分入れ歯や差し歯、総入れ歯よりも優れているのです。
入れ歯は不安定さや違和感などを感じることがあるようですが、インプラントはしっかりと固定されるため、違和感無く食事などをすることができるそうです。

  • 無くなっても再生できる歯科治療

    無くなっても再生できる歯科治療

    永久歯は生え変わることの無いため大事になる歯なのですが、失う可能性はゼロじゃありません。しかし、現在は再生できる最新技術があるんだとか!

  • あなたも罹っている可能性が…

    あなたも罹っている可能性が…

    口腔内は、歯磨きなどによる除菌をしなければ菌の繁殖し易い状態に。菌が原因して起こる歯周病は日本人の大半が罹っているらしい…。

  • 虫歯の放置は絶対ダメ!

    虫歯の放置は絶対ダメ!

    虫歯は放置しておくと、歯を支えるための神経を壊してしまうことがあるそうです。神経が壊れると歯が折れ易くなったり、悪循環となる可能性も。

 
 

歯が欠けたり、細菌によって骨を溶かすことの無いように予防は重要とされています。

特に、虫歯や歯周某は歯を失う2大疾患とされていて、食後のブラッシングや歯間ブラシなどを丁寧にすることが予防への第一歩のようです。

歯間の歯石の除去は難しいため、歯科医院でプロに任せるのも◎。

【再生にはインプラント治療】歯が失われる原因

インプラント治療とは、近年歯科業界で注目されている歯の人工再生治療のことを言うそうです。
治療内容は、もともと永久歯があった場所(顎骨)に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれる接続部品の装着、歯冠となる上部構造体を着けるというような方法のようです。
失った歯が甦る…インプラント治療によって再生された歯は、「第二の永久歯」とも言われているんだとか。

本来、子供に生えている乳歯は代生歯とも呼ばれ、いずれ生え変わるとされている歯です。生え変わりの時期はおおよそ6歳頃からが目安とされているようです。
また、生え変わった歯は永久歯と呼ばれ、もう生え変わることはないそうですが、永久歯を失った場合は義歯(入れ歯)差し歯を装着するなどの治療法が従来施されてきました。

義歯は、インプラントのように歯茎に穴を開けるといような方法ではなく、欠けている部分に被せるように装着するものです。バネを使って義歯を支える部分入れ歯と、歯茎全体に被せる総入れ歯に分けられます。

また、差し歯は残った歯根部分に金属やセラミックでできたベースを埋め込む治療法です。
インプラント治療に似ている治療法でもあるため、違いが分かっていない人も多くいるようです。インプラントは骨に直接埋め込むのに対し、差し歯の場合は歯根に金属類を埋め込む治療のため、歯根が残っていなければ治療ができないんだとか。

歯を失う原因について詳しくみて行きましょう。

歯周病は知らないうちに罹ってる!?

歯周病は、歯の周辺に歯垢が溜まったりすることで、歯垢に含まれている菌(歯周病菌)に感染し、治療をせずに放置していえると、やがては歯を損なう病気です。
症状は、歯茎からの出血や腫脹、歯がグラグラする、歯茎が下がってきた、膿が出るなどが多いようです。

また、歯周病は歯肉炎と歯周炎の総称でもあり、歯肉炎は歯茎に炎症が起きている状態を指し、歯周炎は歯肉炎の炎症が進行し、隣接する歯の間に歯石が入り込み、歯周ポケットを形成し、歯周組織を壊しているんだとか。
別名・歯槽膿漏とも呼ばれていますが、細かく分類すれば歯槽膿漏は膿が出るという歯周病の症状の一つなんだそうです。

日本人の約80%もの人が歯周病に罹患しているとされ、気づかないうちに罹患・進行する病気として「サイレント・ディジース」とも言われているそうです。

齲蝕(う蝕:虫歯)は子供のころからの予防が大事!

虫歯が発症する原因は磨き残しによるものが大きいとされており、歯垢の付着とその中に潜む細菌が歯を蝕んでいくそうです。
菌が歯の内部まで侵入し、神経が攻撃されて死んでしまうと、その歯はダメになり抜歯しなくてはならなくなります。健康な歯を維持するためにも、虫歯にならないためにブラッシングなどの予防をしっかりとしておくことが大事のようです。

歯を健康に保つための予防はインプラント後も同様で、たとえインプラント治療で新しい歯が再生できたとしても虫歯になって放置しておくと歯周病などで歯を失うことも十分に可能性があるそうなので、そうならないためにも予防はしっかりとしておきましょう。

口腔内の病気で歯を失ったあと、歯を再生したいとおもったらインプラント治療はおススメの治療法ですが、中にはインプラントが難しいと言われる人もいるようです。
インプラント治療を行うには、顎骨の高さや厚みが一定以上必要になるらしく、それらの条件をクリアしていないと治療は難しいそうです。

しかし、治療法の中には条件のうち、どれかが不足していてもインプラントが可能になる治療法があるんだとか。ですが高度な必要になるため、行われていない歯科医院もあるらしく、インプラントが難しいといわれた人は必見です!
インプラント治療が難しいと言われた人でも治療が可能になるかもしれない歯科医院が兵庫県にありますので、参考にしてみてください。

注目されるインプラント!失った歯も再生できる治療法

インプラント治療は、口腔内の疾患により失った歯を人工的に再生することができる治療法を言うそうです。
欠けた歯の治療をしようと思っていた人におススメの治療法のようです。

神経が無い歯は要注意!歯根破折

歯根破折とは、歯根が壊れてしまうことを言うそうです。 歯根破折になりやすい歯は、神経がダメになってしまった歯に多く、折れた歯根は元に戻らないため、治療法は抜歯が殆どなんだそうです。

虫歯によって蝕まれた神経は、生きている神経が通っている歯に比べて耐久性が衰えてしまっているため、硬いものを噛んだり、顎の力が強い(噛む力が強い)人に起こりやすいんだとか。
さらに、歯根破折は折れた部分から歯周ポケットを作り出し、炎症したり、隣接する歯を溶かしてしまう原因にも・・・。

  • <インプラントを正しく理解しよう>治療・メリットやデメリット・寿命や保証期間
  • <インプラントの治療>手術(1回法と2回法)・メンテナンス・失敗・Q&A
  • <インプラントの費用>医療費控除・歯科選びなど
  • <インプラントコラム>審美歯科・歯のアンチエイジング・歯周病など