インプラントで失った歯がよみがえる!【デンなび】

【ワンデーインプラント】安くて体の負担も少ない新しい治療法

ワンデーインプラントとは、インプラントの中でも新しい治療法であり、全ての歯を失った人でも数本の人工歯根を埋め込むことによって、多くの歯を取り戻すことができます。
埋め込む人工歯根が少ないため、費用や体の負担、手術時間、治療期間が少なくて済むというメリットがあります。

  • ワンデーインプラントとは?

    ワンデーインプラントとは?

    全く歯がない人でも、4本程度の人工歯根の挿入で多くの歯を取り戻せる治療法。手術当日から仮歯が入り、体にかかる負担も費用も少ない。

  • ワンデーインプラントができる歯科は?

    ワンデーインプラントができる歯科は?

    ワンデーインプラント治療は、高度な技術と経験が必要であるため、技術や学識、経験を持ち合わせた医師が在中している歯科でのみ行なわれる。

  • ワンデーインプラントは誰でもできる?

    ワンデーインプラントは誰でもできる?

    全ての人にワンデーインプラントが適しているわけではないため、違う治療法が適している場合もある。医師と十分に相談することが必要。

  • ワンデーインプラントと入れ歯の違い

    ワンデーインプラントと入れ歯の違い

    ワンデーインプラントは入れ歯と違い、手入しやすい・審美性が高い・長持ち・自分の歯のように噛める・あごの骨がやせないなどのメリットがある。

 
 

全ての歯を失った人のインプラント治療は、従来のインプラント治療法では10本以上の人工歯根を埋め込む必要があり、体への負担が大きく、多額の費用がかかってしまうものでした。

しかし、埋め込む人工歯根の本数が少なく、体にもお財布にも優しい新しいインプラント治療法が近年登場しています。

ワンデーインプラントとは

ワンデーインプラントとは、全ての歯を失った人のための新しいインプラント治療法であり、「オールオンフォー」とも呼ばれます。体への負担や費用を最低限に減らすことができ、拡大している治療法です。

従来の治療法と以下のような違いがあります。

従来の治療法とワンデーインプラントの違い
  従来の治療法 ワンデーインプラント
人工歯根を埋め込む本数 (片あごで)10本以上 (片あごで)4〜6本
手術の回数 2回 1回
手術時間 長い 短い(2時間程度)
術後の腫れ・痛み 出る可能性が高い 出ても痛み・腫れが軽い
仮歯の装着までにかかる期間 数ヶ月 1日(手術当日)
費用 人工歯根が多くなるほど高くなる 人工歯根の本数が少ない分安い

従来の治療法とワンデーインプラントでは、埋め込む人工歯根の本数が違うことで、大きく違っています。
人工歯根を4本挿入するのと、10本以上挿入するのでは、痛みや手術時間、費用に違いがあるのも納得ですよね!?

入れ歯との違い

全ての歯を失った場合には、入れ歯にするという治療法もありますが、入れ歯に比べてワンデイインプラントが優れている点は次の通りです。

  • 手入れが必要なく、通常のオーラルケアだけで良い。(入れ歯は取り外しなどの不便さがあります。)
  • 自分の歯のように噛むことができる。(入れ歯はインプラントに比べ咀嚼力が弱いです。)
  • あごの骨に刺激が与えられる。(入れ歯はただ乗せているだけなので、咀嚼の刺激が伝わりません。)
  • 審美性に優れている。(入れ歯に比べインプラントは自分の歯に違い外観を作ることができます。)
  • 寿命が長い。(入れ歯の寿命は5年程度と言われているのに対し、インプラントは「半永久」とも言われています。)
  • など

もちろん、インプラントは自由診療なので保険が適応とならず、入れ歯に比べて費用がかかりますし、手術が必要となるので体に負担がかかるというデメリットもあります。
しかし、食事を楽しみ、笑い、気持ちよくコミュニケーションをとれるなど、インプラントはメリットの多い治療法であると言えるでしょう。

ワンデーインプラントを行なっている歯科医院

ワンデーインプラントは、一般的なインプラント治療よりも高い技術と経験が必要となるため、どの歯科医院でも行なっているわけではありません。高い技術と経験を持ち合わせている医師が在中する歯科医院でのみ行なわれています。

ワンデイインプラントに医師の高い技術が必要となるのは、少ない人工歯根で多くの歯を支えるには、その人の噛み方のクセや噛む力などを考慮して、あごにバランス良く人工歯根を埋め込む必要があるからです。
人工歯根にかかる力が、バランス良く分散される必要があるのです。

インプラントの最新情報が知りたいなら大阪インプラント情報室

大阪インプラント情報室
http://www.implant-osaka.com/

インプラントを考えているならまずはこちら。インプラントの治療例や費用が紹介されていますので是非ご確認ください。

ワンデーインプラントの治療の流れ

ワンデーインプラントの治療は以下の流れで行ないます。

1. カウンセリング

納得して治療を受けるためには、十分に説明を受ける必要があるでしょう。
患者自身も情報収集を行い、不安なことは質問できると良いでしょう。

2. 仮歯の型どり

ワンデイインプラントのメリットは、インプラント手術当日から仮歯が装着され、歯のない状態がないという点でしょう。手術後に装着する仮歯を作るための型どりを行ないます。

3. 手術

ワンデイインプラントの手術は一般的に2時間程度とされています。麻酔をしていますので、痛みはほとんどありません。人工歯根を埋め込み、仮歯を装着します。

4. 抜糸

手術後だいたい1〜2週間で抜糸します。

5. 人工歯の型どり

手術後3〜6ヶ月後に人工歯の型どりをします。下あごの治療の方が型どりまでにかかる期間は短いです。

6. 人工歯を装着

最終的な歯(人工歯)を装着します。

ワンデイインプラントの治療も、数ヶ月の日数を要しますが、手術当日から仮歯が入るので、歯がない状態がないので安心でしょう。

  • <インプラントを正しく理解しよう>治療・メリットやデメリット・寿命や保証期間
  • <インプラントの治療>手術(1回法と2回法)・メンテナンス・失敗・Q&A
  • <インプラントの費用>医療費控除・歯科選びなど
  • <インプラントコラム>審美歯科・歯のアンチエイジング・歯周病など