インプラントで失った歯がよみがえる!【デンなび】

【ノーベルガイドシステム】歯肉を切らずにインプラントができる

インプラントは最先端の治療法ですが、その中でもさらに最先端の技術を用いた「ノーベルガイドシステム」を使った治療を行なっている歯科医院も増えてきています。
切らずに手術ができるので、患者の負担が少なく、治療にかかる期間も短くなるのはうれしいですね。

  • ノーベルガイドシステムは切らない!

    ノーベルガイドシステムは切らない!

    インプラント手術は、歯肉を切開する必要がありますが、ノーベルガイドシステムを使えば切らないので、痛みを軽減することができます。

  • インプラント治療はCT撮影が必須!?

    インプラント治療はCT撮影が必須!?

    歯科用CTのある歯科はまだわずかですが、インプラント手術は骨量や神経の位置等を正確に把握する必要があり、安全な治療のためにはCTは必要でしょう。

  • インプラント手術の1回法と2回法

    インプラント手術の1回法と2回法

    インプラント手術には手術が1回で済む1回法と手術を2回行なう2回法があります。1回法は体の負担は少ないですが、適応になるケースは限られています。

 
 

インプラント治療は、あごの骨に穴を開けてインプラントを埋め込むため、歯肉を切る必要があり、傷が回復するまでに時間がかかってしまいます。

しかし、最近は歯肉をほとんど切らずにインプラント手術を行なうための技術が開発され、実用化されています。
患者の体の負担を軽減してくれる、最先端技術「ノーベルガイドシステム」をご紹介していきます。

一般的なインプラント手術の流れ

一般的なインプラントの手術(2回法)は、次のような流れで行なっていきます。

    (1次手術)

  1. 歯肉を切開する(歯肉弁を剥離する)
  2. あごの骨に穴をあける
  3. インプラント(人工歯根)を植立する
  4. 歯肉を縫合する
  5. (2次手術)

  6. 人工歯根が骨にしっかりと固定されたら、再び歯肉を切開する
  7. 埋め込んだインプラントにヒーリングアパットメントを装着し、縫合する。
  8. 歯肉の傷が治ったら、人口歯を装着する

2回法は手術が2回あり、歯肉を2度切開する必要があります。そのため、負担が少なくありません。
また、1回法では手術は1回だけなので、体の負担を軽減することができますが、1回法は適応するケースが限られているというデメリットがあります。

次に紹介する「ノーベルガイドシステム」は、歯肉を切開する必要がないため、患者の負担を軽減する手術法です。

ノーベルガイドシステムとは?

ノーベルガイドとは、歯肉を切開するのではなく、穴を開けてインプラントを埋め込む手術法です。
医師の技術や経験だけでなく、最先端の医療機器が必要となります。

ノーベルガイドシステムによるインプラント手術の流れ

    (手術前準備)

  • CTスキャンにより、あごの骨やその内部の状態を撮影する
  • CT撮影による3D画像から、インプラントを挿入する角度や場所を割り出す
  • 確実にインプラントを適切な場所・角度に挿入するためのガイド(ノーベルガイド)を技工所にて作成する
  • CTのデータをもとに仮歯を作成する
  • (インプラント手術)

  • 3. で作成したガイドを使用し、歯肉に穴を開け、インプラントを挿入する
  • 4. で製作した仮歯を、手術後すぐに装着する

「ガイド(ノーベルガイド)」と言ってもピンとこないかもしれませんね…。このガイドとは、CTスキャンのデータをもとに割り出した場所・角度に、正確にインプラントを挿入するように導いてくれるシステムのことを言います。
ノーベルガイドにより、手術前にシュミレーションができ、確実に治療が行なえます

歯肉を切る必要がなく、体の負担が少ないというメリットや、歯肉を切らないのですぐに仮歯を装着でき、その日のうちに噛めるというメリットがあります。

ノーベルガイドによる手術が受けられる病院は?

ノーベルガイドシステムは、まだわずかの歯科医院でしか行なわれていません。そのため、ノーベルガイドシステムによる手術を希望する場合は、取り入れている歯科医院を探す必要があります。

次に紹介する歯科医院は京都にあるノーベルガイドシステムを採用している歯科医院です。ノーベルガイドシステムについて詳しく紹介しているので、「手術が怖くてインプラント治療に踏み出せない…」という人は、ぜひチェックしてみてください。 また、病院選びの参考にもなると思います。

ノーベルガイドシステムでインプラント手術が受けられる歯科医院

インプラント手術を最先端のノーベルガイドシステムにより受けることができる歯科医院。
メスを使わないから痛み・負担が少ない治療が受けられます。

ノーベルガイドシステムの費用

インプラント治療は自由診療であるため、高い費用がかかります。安全で負担の少ない治療を受けたいところですが、やはり費用も気になってしまうところでしょう。

ノーベルガイドシステムで治療を行なう場合、ラジオグラフィックガイド(コンピュータによる治療計画)の作成やサージカルテンプレート(適切な場所・角度にインプラントを挿入するためのテンプレート)の作成に費用がかかります。

病院によって費用に違いはありますが、ラジオグラフィックガイドに(片顎)1.5〜2万円、サージカルテンプレートは1歯につき5〜6万円かかります。通常のインプラント治療に比べて費用が高くなる場合が多いです。

  • <インプラントを正しく理解しよう>治療・メリットやデメリット・寿命や保証期間
  • <インプラントの治療>手術(1回法と2回法)・メンテナンス・失敗・Q&A
  • <インプラントの費用>医療費控除・歯科選びなど
  • <インプラントコラム>審美歯科・歯のアンチエイジング・歯周病など