インプラントで失った歯がよみがえる!【デンなび】

【インプラントが困難なケース】専門歯科で相談してみよう!

インプラント治療は難しいと言われても、インプラント専門の歯科医院ならば治療が可能かもしれません。
骨の量が少ない場合など、治療が困難な場合も、高い技術と経験を持ち合わせた医師のもとなら安心して治療を受けられるでしょう。
また、難しい治療は、CTや手術室などのインプラント治療のための設備も必要です。

  • インプラント専門の歯科は検査も違う

    インプラント専門の歯科は検査も違う

    一般的な歯科ではレントゲンのみの場合が多いですが、インプラント専門の歯科ではCTや血液・血圧検査等、口腔内だけでなく全身の状態を検査します。

  • 手術室のある歯科医院は少ない

    手術室のある歯科医院は少ない

    インプラント手術を行なう歯科は多いですが、手術室のある歯科はわずか。感染を防ぎ、安全な治療のために、手術室の有無もチェックしましょう。

  • ボーングラフトという骨移植法

    ボーングラフトという骨移植法

    下あご付近の骨をブロックの状態で取り出し、移植する部位にネジで固定する方法です。

 
 

インプラント治療は、失った歯を取り戻すことができる夢のような治療方法ですが、治療が難しいケースでは「インプラント治療は無理です」と断られてしまうことも…。

しかし、難しいケースでもインプラント専門の歯科医院ならば、治療可能な場合もあります。

インプラント治療は高度先進医療ですから、全ての医師が高度な技術や経験を身に付けているわけでないというのが実情なのです。

インプラント治療が難しいケース

インプラントは、人工歯根をあごの骨に埋め込みます。そのため、あごの骨が十分になければ治療ができません。あごの骨の高さ、そして骨の幅が重要となります。

生まれつきあごの骨が薄い人もいますが、合わない入れ歯を使っていたり、歯周病が進行していたりすると、骨が痩せて人工歯根を植立するのに十分な骨量がない場合があります

インプラント治療は、インプラント(人工歯根)を十分に支えられる骨量のある人でなければ適応しない治療法なのです。

骨を移植すれば治療が可能になることも!

骨量が少ない場合にはインプラント治療は困難とされてきましたが、最近は骨を移植し、骨量を増やすことでインプラント治療が可能になっています。

骨量を回復させるための治療はさまざまですが、そのうちの一つサイナスリフトをご紹介します。

サイナスリフト

サイナスリフトとは、上あごの骨量が少ない場合に行なわれる骨移植の方法です。
自家骨や骨補填剤を移植してインプラントを植立するのに十分な高さ・幅を作るのです。

この治療は、上顎洞粘膜を剥離し挙上するなど、高度な技術が必要となります。一般的な歯科医院では行なわれない、特殊な治療であると言えるでしょう。

インプラント専門の歯科医院

一般的な歯科医院でインプラント治療は無理だと言われた場合にも、インプラント専門の歯科医院ならば治療が可能な場合もあります。
一般の歯科医院ではできない、骨移植などの特殊な治療も、インプラント専門の歯科医院ならば行なうことができるのです。

一般的な歯科医院との設備の違い

インプラントを専門としている歯科は、インプラント治療のための設備が整っています。
特に、安全に治療を行なうために必要な歯科用CT、手術専用室などが設置されています。

歯科医師の技術・経験

インプラントを専門としている歯科医院では、インプラント治療の技術・経験・学識を持ち合わせた医師が治療を担当します。
インプラント治療は近年急激に進化しているため、インプラントの研究や治療、レベルの高い学会への参加などを行なっている歯科医師は、一般の治療に当たる時間はないと言われます。インプラントを専門とする医師でなければ、インプラントに精通することができないのかもしれませんね。

多くの歯科医院でインプラント治療が行なわれていますが、インプラント治療は難症例でなくても、難しい治療です。安全に治療を受けるためには、技術や学識を持ち合わせた医師のもとで行なうことが望ましいと言えるでしょう。

病院選びの参考になる、インプラント専門の歯科医院を見つけましたのでご紹介します。
ここで紹介する大阪のアーティスティックデンタルクリニックは、インプラント臨床経験を豊富に積んだ医師ら10名により、適切な治療を行っています。
治療方針は、一人の医師で決めると偏りが出ますが、10名もの医師が共同で治療に当たるため、適切な治療が受けられるのです。
また、歯科用CTをはじめとする、最先端の医療設備を備えています。

インプラントのための最適な治療体制が整った
大阪アーティスティックデンタルクリニック

インプラント治療のための体制が整ったインプラント専門の歯科医院です。十分に説明を行ってくれるので、納得して治療を受けられます。

歯周病もインプラント治療を困難にする

歯周病で歯を失ったことが原因でインプラント治療を受ける人もたくさんいますが、歯周病のままでインプラント治療を行なうことは困難です。

歯周病のままインプラント治療を行なうと、次のような失敗につながる可能性があるのです。

  • インプラント手術中に、感染する可能性がある
  • 治療後にインプラントが脱落する可能性がある

歯周病がある場合には、歯周病の治療を行なってからでなければ、インプラント治療を行なうことはできません。歯周病治療を専門とする歯科医院もありますが、インプラント専門の歯科医院でも歯周病治療を行なっています。
まずは、インプラント治療を受けたい歯科医院で、歯周病治療も含めて相談してみると良いでしょう。

  • <インプラントを正しく理解しよう>治療・メリットやデメリット・寿命や保証期間
  • <インプラントの治療>手術(1回法と2回法)・メンテナンス・失敗・Q&A
  • <インプラントの費用>医療費控除・歯科選びなど
  • <インプラントコラム>審美歯科・歯のアンチエイジング・歯周病など