インプラントで失った歯がよみがえる!【デンなび】
歯周病

歯周病とは?

歯周病は、歯を失う原因の中で虫歯よりも多い割合を占めています。歯周病は成人になるとかかる疾患であり、日本人の成人の80%が歯周病を発症していると予想されています。もしかしたら、あなたも歯周病になっているかもしれません…

歯周病の恐ろしさ

歯周病とは歯の周りの炎症によって、歯を支える歯槽骨を減少させ、最後には歯を失うことになってしまう病気です。

歯周病の始まりは歯肉炎です。歯肉炎は通常存在する口の中の細菌が、口の中を清潔にしていないと増殖してしまい、引き起こす歯肉の炎症です。この歯肉炎が悪くなってくると、歯と歯茎の隙間である歯周ポケットができてきます。歯周ポケットには汚れがたまりやすく、そのために歯肉を腫れやすくし、口臭を強くしてしまいます。

歯周ポケットは歯周炎が進行してくるとどんどん深くなり、歯槽骨を溶かしていきます。歯は支える骨がなくなっていくのでぐらぐらしてくるようになり、最終的には噛むことができなくなってしまいます。

現在は歯周病を治すことはできません。初期症状で発見し、治療を行っていけば完治も可能ですが、歯周病の症状が中期〜後期になってしまうと、歯周病を完治させることは困難となり、元に戻す治療ではなく、少しでも進行させないための治療を行っていきます。

歯周病初期の症状

歯周病を完治させられる初期症状は、歯周ポケットが3mm以下であり、歯槽骨が溶け出していない状態です。これ以上進行すると完治することは困難です。

歯周病中期の症状と治療法

歯周病が進行し始めた中期は、歯周ポケットが4〜7mmの状態であり、歯槽骨が解け始めている状態です。歯茎の腫れや出血がある場合もあります。歯がぐらぐらし始めます。

歯周病後期の症状と治療法

歯周ポケットが6〜8 mmになり、歯が上下にも動くようになってきます。歯槽骨が溶けて歯を支えられなくなってしまいます。そのため、噛むことができません。

歯周病の治療方法

歯周病はプラークコントロールを行うことで治療・予防していきます。自分で歯磨きなどで取り除くことができない歯石やプラークを歯科で取り除いてもらいます。自分できれいにすることが難しい歯周ポケットの歯垢や歯石も取り除きます。

また、歯周病の治療として抗生物質を処方されることがあります。薬によって数日で歯周病菌を口の中からなくしますが、その後は歯周病菌が住み着かないように、歯石やプラークを取り除く治療をしていきます。

歯周病の原因はプラークであり、プラークを口の中からなくすことが一番の治療法であり、予防にもなるのです。

気になる歯周病の原因は?

歯周病の原因は歯周病菌です。歯周病菌は口の中の汚れを栄養として歯垢(プラーク)となって歯にくっつきます。これが増殖することによって、歯周ポケットができ、歯周ポケットにも歯周病菌が住み着くようになってしまい、歯周病が進行するのです。また、歯を溶かすのは歯周病菌が持つ毒素によるものです。下記は歯周病菌を増やす主な原因です。

食べかす

もっとも多い歯周病(歯周病菌を増やす)の原因である食べかすは、細菌の栄養です。細菌を増殖させてしまうのです。

歯垢・歯石

歯周病菌は歯石や歯垢を通して、歯にへばりついています。また、歯周ポケットにも歯垢や歯石を通して入りこみ、増えていくことによって歯周病を進行させます。

歯周病の予防法

原因ともなる歯周病菌の栄養を口の中にない状態にすることが予防につながります。そのため、食べかす(みがき残し)がないように日頃の歯磨きがとても重要です。また、歯周病菌が住みつく歯垢(プラーク)や歯石を取り除くことも大切です。

歯垢はブラッシングで取り除くことができますが、歯石は自分では取り除くことができません。定期的に検診を受け、歯科で歯石を取ってもらう必要があります。歯周病は進行してからでないと自覚症状がありませんので、早期発見のためにも定期的な検診が重要です。

  • <インプラントを正しく理解しよう>治療・メリットやデメリット・寿命や保証期間
  • <インプラントの治療>手術(1回法と2回法)・メンテナンス・失敗・Q&A
  • <インプラントの費用>医療費控除・歯科選びなど
  • <インプラントコラム>審美歯科・歯のアンチエイジング・歯周病など