インプラントで失った歯がよみがえる!【デンなび】
インプラント,治療

治療計画

インプラント治療は治療期間が長くかかる場合もあります。医師に自分の希望を伝え、治療に関する相談をしっかりと行うことが大切です。

インプラント治療までのプロセスとは?

インプラント治療を望んで歯科に行っても、すぐにインプラント治療は行えません。インプラントの治療を行う前に、治療のための準備が必要となります。

【初診】納得して治療を受けるための相談と説明

実際に自分の歯の状態をみてもらった上で、どのようにしたいのか、現在の健康状態や口の中の状態で気になっていることなどについても聞かれます。しっかりと自分の希望を答えられるようにしておきましょう。

もし、使用している薬がある場合には薬の名前、アレルギーがある場合にはその原因などについても答えられるようにしておくと良いでしょう。

そして、医師から最善の治療方法や、希望する治療にかかる費用などの説明もあります。

【検査】手術の危険性を少しでもなくすための大切な検査

一般的にCT検査・口腔内検査・レントゲン検査・血液検査を行います。

CT検査

CT検査では、X線とコンピュータにより体の断面の画像が見れます。インプラント治療のためのあごの骨の断面画像からは、あごの骨の形・厚さを知ることができ、神経の位置も確認できます。

口腔内検査

虫歯や歯周病がある場合には、インプラント治療の前にそれらの治療を行わなくてはなりません。手術後の回復やインプラントの維持に影響してしまうからです。まずは治療の必要な歯や歯周病を確認して、その治療を行います。

レントゲン検査

あごの骨と歯の状態を確認します。パノラマX線写真という口の中全体の写真を撮り、骨の量や厚さを確認し、インプラントを埋め込むことが可能かどうか、他の治療が必要かなどをみていきます。

血液検査

インプラント手術には、全身の状態を把握する必要があります。全身の状態を把握して、10年先を見据えた治療を行っていきます。例えば、糖尿病の人の場合は歯周病になりやすく、インプラントも細菌感染しやすいため、術後の経過を慎重にみていく必要があります。

コンピュータによるシミュレーション

CT検査で得た3次元画像をもとに、適したインプラントを選択し、インプラントを埋め込む場所・角度・深さなどを割り出します。コンピュータによる適切な手術計画を立てていきます。

しかし、コンピュータシミュレーションは全ての歯科で行っているわけではありません。また、歯科用CTが導入されている歯科はまだ多くはないのです。

無料相談を行っている歯科もあります

インプラント治療に対する不安や悩みは誰でもあります。インプラントに関する相談を無料で受け付けている歯科もあります。インターネットや電話での相談や、来院して直接相談に乗ってくれる歯科もあります。

インプラント治療になかなか踏み出せない…という人は、まず無料相談や無料カウンセリングを受けてみるのも良いですね。

  • <インプラントを正しく理解しよう>治療・メリットやデメリット・寿命や保証期間
  • <インプラントの治療>手術(1回法と2回法)・メンテナンス・失敗・Q&A
  • <インプラントの費用>医療費控除・歯科選びなど
  • <インプラントコラム>審美歯科・歯のアンチエイジング・歯周病など