インプラントで失った歯がよみがえる!【デンなび】
インプラント,痛み

治療の痛み

インプラント治療は手術を必要とするので、痛みや腫れが心配ですよね。手術と聞くと、とても痛いものなのではないか…と思ってしまいますが、激しい痛みというのはないようです。

インプラントは痛い!?

インプラントの手術は麻酔をするので、抜歯と変わらない程度の痛みです。激しい痛みは伴わないので安心してください。手術後に痛みが伴う場合もありますが、痛み止めの薬で治まる程度で、夜に痛くて眠れなくなるような痛みはありません。

しかし、手術後に激しく痛んだり、発熱を伴う場合には、細菌感染の可能性がありますので、この場合には、治療を行った歯科医にみてもらう必要があります。

手術で使用する麻酔は?

インプラントの手術は全身麻酔ではなく、体への負担が少ない局所麻酔を行います。局所麻酔による治療の場合は痛みを感じませんが、意識がしっかりしている状態で手術を行うことになります。

しかし、意識がしっかりとあるなかでの治療では、不安や緊張を感じて、呼吸や血圧などにも影響する場合もあり、病院によっては不安をあまり感じない静脈内鎮静法という方法を行っているところもあります(希望者のみに行っている場合もあります)。

静脈内鎮静法とは?

静脈内鎮静法とは、歯科治療や手術に使用され、治療に伴う不安や緊張を和らげる方法です。薬を点滴で静脈から入れていきますが、数分で眠くなってきます。全身麻酔と違って、全く意識がなくなるわけではなく、ウトウトしたような状態になり(感じ方には個人差があります)、医師の声かけにも答えられます。

また、薬には健忘効果もあるので「気付いたら終わっていた」という感想を持つ人が多いといいます。 静脈内鎮静法の行う際、血圧や呼吸を確認しながら治療を行っていきます。

インプラント治療後の腫れについて

インプラントの本数が多いほど、切開する量が増えるほど、腫れる可能性が高くなります。あごの骨が薄くて骨移植などの処置を行った場合やインプラントを多数埋め込む場合以外は、腫れることは少ないようです。しかし、腫れがあっても体の自然な反応なので、心配する必要はありません。

上記以外の場合でも、手術時の体調や手術後の過ごし方で腫れることもあり、体調の悪いときに手術を受けた場合や、手術後1〜2日間で激しい運動をしたり、お酒を飲んだ場合に腫れてきてしまうことがあります。

入院は必要?

インプラント手術は入院の必要がありません。全身麻酔で手術を行う場合のみ、入院が必要となります。また、全身麻酔によるインプラント手術は大学病院などでしか行われず、一般の開業歯科では行われません。

しかし、手術後に意識がはっきりするまでは、病院で安静にしなければなりません。日帰り手術ではありますが麻酔や薬の投与を行っていますので、術後は自動車や自転車の運転は控えたほうが良いでしょう。

  • <インプラントを正しく理解しよう>治療・メリットやデメリット・寿命や保証期間
  • <インプラントの治療>手術(1回法と2回法)・メンテナンス・失敗・Q&A
  • <インプラントの費用>医療費控除・歯科選びなど
  • <インプラントコラム>審美歯科・歯のアンチエイジング・歯周病など