インプラントで失った歯がよみがえる!【デンなび】
メリット,デメリット

メリット・デメリット

複数の歯(または全ての歯)を失う=入れ歯という従来のイメージを覆す画期的な治療法であるインプラントにもデメリットが…。デメリットも理解して、治療法を決めたいですね。

インプラントにはどんなメリットがあるの?

インプラントの利点を紹介します。

他の歯に負担をかけない

従来の治療法では他の歯に負担をかけてしまい、他の歯も失うことにつながってしまうというデメリットがありましたが、インプラントは他の歯に影響はありません。

噛む力が回復する

あごの骨に歯根を埋め込むのでしっかりと固定され、固いものでも噛めます。歯を補う治療法はありますが、噛む力を回復させる治療法はインプラントだけです。

見た目が自然の歯と変わらない

人工歯根や歯との接続部分は金属ですが、全く外には出ないので、自然の歯と見分けがつかないほど自然です。

長期間維持できる

インプラントは、メンテナンスをしっかり行っていれば、人工歯の破損などはなく、安定したかみ合わせを維持できます。

歯のない部分の骨がやせない

歯を失うと、その部分の骨に力が伝達されなくなり、骨がやせてしまいます。しかし、インプラントは噛む力が骨に伝達されるので骨がやせてしまうことはありません。

気になるインプラントのデメリットは?

インプラントの欠点を紹介します。

治療費が高い

インプラントは保険が適用とならないため、治療費が高額となっています。そのために、インプラント治療を行えずにいる人も多いとか。

手術が必要となる

手術を行うため、他の治療に比べて治療にかかる負担が大きくなってしまいます。術後の経過によっては、腫れや内出血が起こる場合もあります。

治療期間が長い

あごの骨が薄い場合には、骨を補う治療が必要となります。また、骨と埋め込んだ人工歯根とが接合するのには時間がかかってしまいます。

適応とならない場合がある

手術を必要とする治療のため、治療が行えない場合があります。糖尿病や重度の肝疾患・心臓病・腎疾患を患っている場合や重い骨粗しょう症の場合などに手術に適応せず治療できません。また、18歳未満のあごの骨の成長過程にある年齢の人は治療できません。

インプラントの治療ができない場合とは?インプラントの適応性

インプラントのデメリットである、治療の適応とならない場合とはどのような場合なのでしょうか。

インプラントには手術が必要であり、下記の場合には治療を行うのが困難な場合もあります。

  • 糖尿病・肝臓病・心臓病・腎臓病がある場合(症状の度合いにもよります)。
  • 1時間程度の日帰り手術が難しい精神的・肉体的疾患がある場合
  • 骨粗しょう症の場合
  • 歯周病の場合
  • 放射線治療を行っている場合
  • 妊娠している場合
  • 習慣的に喫煙をしている場合

など。

金属アレルギーがあっても治療できる?

インプラント治療は金属の人工歯根を埋め込みますが、人工歯根に使用されるのはチタンです。

チタンは安全であり、アレルギーや拒絶反応の心配はありません。金属アレルギーが起こる金属はクロムやニッケルが多いです。

インプラント治療で使用されるチタンは、骨折の治療などの治療で骨の固定にも使用され、体とよくなじむとされています。

  • <インプラントを正しく理解しよう>治療・メリットやデメリット・寿命や保証期間
  • <インプラントの治療>手術(1回法と2回法)・メンテナンス・失敗・Q&A
  • <インプラントの費用>医療費控除・歯科選びなど
  • <インプラントコラム>審美歯科・歯のアンチエイジング・歯周病など