インプラントで失った歯がよみがえる!【デンなび】
インプラント,治療

従来の治療とインプラントの比較

何らかの理由で歯を失った場合の治療法には、入れ歯やブリッジ、差し歯、そしてインプラントがあります。それぞれにメリット・デメリットがあり、絶対にどの治療法が良いとは言い切れません。治療法は自分自身で決めるべきであり、そのためにそれぞれの治療法についてよく理解していなければなりません。

入れ歯による治療について

入れ歯による治療は、ブリッジや差し歯による治療では対応できない、複数の歯を失った場合に多く用いられます。

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があり、素材などの違いで種類も多くあります。入れ歯にも保険のきくものときかないものがあり、費用もさまざまです。

部分入れ歯とは?

部分入れ歯には、バネのついたものとバネのないものがありますが、保険のきくものはバネのついたものであり、残っている歯にバネをかけて装着します。

また、保険はききませんが、バネ(金属)が見えないものや、金属を使用していないものもあります。

費用は保険適応の場合には約5千円〜1万円ですが、保険適応外では数万円〜数十万円かかります。

部分入れ歯は連続して歯を失っている(ブリッジが不可能)場合に対象となりますが、ブリッジでの治療に比べて歯を少し削るだけで良く、費用が安いというメリットがありますが、金属が見えてしまうなどの審美性の面でデメリットもあります。

また、違和感があったり、発音がうまくできないという場合もあります。

インプラントと比較すると…

部分入れ歯は費用が安く、治療の負担が少ないですが、バネをひっかけて固定するために残っている歯に負担がかかりやすく、隣り合っている歯が汚れやすいというデメリットがあります。また、部分入れ歯は手入れをしなくてはなりません。

インプラントは費用が高く、手術が必要というデメリットがありますが、部分入れ歯に比べて噛む能力が高く、つけている違和感もありません。

総入れ歯とは?

全ての歯を失った場合に対象となり、歯茎に人工の歯をかぶせます。歯と歯茎が一緒になっているので、見た目では入れ歯だということはわかりにくくなっています。保険が適用されるものはプラスチック製で、金額は約1万円です。

保険の適用されないものにはシリコン製や、入れ歯を薄く作ることができる金属床義歯などがあります。保険適用外の入れ歯は約15万円〜50万円と金額も高くなりますが、使いやすい、しゃべりやすい、汚れがつきにくいなどの良い点が多くあります。

インプラントと比較すると…

総入れ歯は歯茎にかぶせて装着しますので、食べかすなどが歯茎と入れ歯のすき間に入りやすく、痛みを感じたり外れやすくなったりするデメリットがあります。また、部分入れ歯と同様手入れの必要があります。

インプラントは手術が必要であり、総入れ歯に比べ値段が高くなっていますが、しっかりと固定されるので総入れ歯よりも、違和感が少なく自分の歯と変わらない感覚で使用できます。

ブリッジによる治療について

ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を土台にして人工の歯を作ります。そのために、両隣の健康な歯も削る必要があります。土台となる歯が必要となるため、両隣に歯がない場合にはブリッジ治療を行うことはできません。

前歯のブリッジでは表面がプラスチックでも保険適応となりますが、奥歯のブリッジでは保険適応内では金属の歯となります。保険適応外ではセラミックの白い歯を入れることもできます。

インプラントとの違い

インプラントは両サイドの歯を削ることなく治療ができますが、ブリッジでは両サイドの歯を削る必要があり、治療後のケアが難くなるというデメリットがあります。そのため、清潔に保ちにくいことから歯周病になりやすく、両サイドの歯が虫歯になりやすいというデメリットもあります。

しかし、ブリッジ治療はインプラントに比べて治療費が安く、手術をしなくても良いというメリットもあります。

差し歯による治療について

差し歯の治療は、抜けた歯の歯根が残っている場合に治療の対象となります。歯根の内部の処置を行い、歯根の上に人工の歯をセメントなどによって取り付けます。

取り付ける歯は、金属・プラスチック・セラミックなどがあり、保険が適応になる場合と適応にならない場合で治療費は違ってきます。保険適応の場合で約5千円〜1万円で治療ができます。

インプラントとの違い

差し歯での治療は、値段が安く、自分の歯根を使うことができるというメリットがあります。しかし、保険適応内のプラスチックの歯は使っているうちに変色してきてしまうというデメリットがあります。

差し歯の対象となるのは、自分の歯根が残っている場合です。この場合、基本的にはインプラントにする必要はありません。インプラントとは全く歯がない(歯根がない)場合に、人工の歯根を埋め込んで人工の歯を作る治療法です。

  • <インプラントを正しく理解しよう>治療・メリットやデメリット・寿命や保証期間
  • <インプラントの治療>手術(1回法と2回法)・メンテナンス・失敗・Q&A
  • <インプラントの費用>医療費控除・歯科選びなど
  • <インプラントコラム>審美歯科・歯のアンチエイジング・歯周病など