インプラントで失った歯がよみがえる!【デンなび】
インプラント

インプラントって何?

永久歯を失うともう生えてはきません。従来はブリッジや入れ歯によって、失った歯を補っていました。しかし、近年はインプラントによって失った歯の代わりに、人口の歯根を埋め込み、人工の歯を取り付ける治療法が増えてきています。インプラントは自分の歯と同様な噛みごたえで、しっかり手入れをしていれば半永久的に使えます。そのため「第二の永久歯」と呼ばれています。

インプラント治療とは?

インプラントの治療には、失った歯の変わりに人工の歯を埋め込んで歯を補う他に、矯正治療にも使われています。

インプラントの構造

インプラントはあごの骨に穴を開け、歯の根っこ(歯根)の代わりとなるフィクスチャー(人工歯根)を埋め込みます。フィクスチャーに人工の歯をアバットメント(連結部分)によって装着させます。

インプラントとは、英語で「埋め込む」、医学用語では「移植する」という意味ですが、治療によって骨に埋め込む金属をインプラントと呼び、骨折などで骨に埋め込むボルトもインプラントです。特に、歯の治療に用いられるインプラントを「デンタルインプラント」と呼びますが、近年は省略して「インプラント」と呼ばれることが多くなっています。

また、あごの骨に埋め込むインプラントにはチタンが使用されていますが、チタンには骨と結合する性質があり、チタンでできた人工の歯根があごの骨と結合することにより、本来の歯と同様に噛むことができるのです。

歯が抜けたままにしておくと…

歯が1本でも欠けると、生えている歯全体に悪影響を及ぼします。このため、従来の治療や最新治療であるインプラントによって、歯が抜けた所を補わなくてはなりません。歯が抜けたままにしておくと起こる影響には下記のようなものがあります。

他の歯に与える悪い影響

  • 抜けた歯とかみ合っている歯が伸びてくる
  • かみ合わせがわるくなり、歯並びが悪くなってくる
  • 抜けた歯の両側の歯が抜けて空いてしまった隙間に傾いてくる

など。

歯以外に与える悪い影響

  • 骨がやせてしまうことで、輪郭が変わってくる
  • 良く噛めなくなると、消化器官に負担がかかる
  • しっかり噛まないことで、脳への刺激が減ってしまう

など。

インプラントの歴史

インプラント治療が一般的になってきたのはごく最近ですが、最も古いインプラントの記録はインカ帝国の時代までさかのぼると言われています。

チタンが骨と結合することを発見

1952年にブローネマルクという医師が、ウサギを使った実験によってチタンと骨が結合するということを発見し、実験や研究を重ね1965年に初めてチタンを使用したインプラントが人間に応用されました。

日本のインプラントの歴史

1965年に発見された現在のインプラントですが、日本に伝わって国内で研究され、安全を確認し、一般の開業歯科でインプラント治療が始まるようになったのは、それより10年以上もあとのことです。日本の医療制度により、普及が他国よりも遅れてしまったのです。

2007年に社団法人日本口腔インプラント学会認定のインプラント専門歯科衛生士資格、インプラント専門歯科技工士資格が設立され、歯科医師だけでなく歯科衛生士や歯科技工士にもインプラントに関する専門知識や技術が普及されてきています。

  • <インプラントを正しく理解しよう>治療・メリットやデメリット・寿命や保証期間
  • <インプラントの治療>手術(1回法と2回法)・メンテナンス・失敗・Q&A
  • <インプラントの費用>医療費控除・歯科選びなど
  • <インプラントコラム>審美歯科・歯のアンチエイジング・歯周病など